薄毛

可能性を考える

悩み

プロペシアは副作用のある医薬品でありながら、AGA治療の内服薬としては最も有名な救世主でもあります。クリニックなどでは処方前に必ず耐性があるか検査を行い、耐性がない方に関しては服用することはできなくなります。

詳しくはコチラ

正しい服用方法

悩み

プロペシアは正しく服用しないと副作用が生じてしまうことがあります。まず容量を守って服用する、また服用タイミングを決めるということは大切で、コレを守ることで不要にプロペシア成分の血中濃度を高めることを防ぐことが可能です。

詳しくはコチラ

正しく理解する

育毛中の人は必見。プロペシアがもたらす副作用をこちらで紹介しています!体に起こる影響を把握していると便利ですよ。その他成分も要チェック!

多くの男性を悩ますAGAを大阪エリアで確実に治療したいのであれば、事前にこちらで情報を集めておきましょう。

薄毛

プロペシアを服用する時はまずプロペシアの主成分であるフィナステリドに関して正しい知識をみにつける必要があります。フィナステリドは男性ホルモンであるテストステロンを抑える抗アンドロゲン薬に分類される医薬品で、男性が使用することが出来るAGA医薬品としても用いられています。フィナステリドがAGAで効く仕組みを理解するためにはまず男性型脱毛症が発生する仕組みを理解する必要があります。まず男性は男性ホルモンが体内で優位な状態です。そのため男性ホルモンのテストステロンの影響を大きく受けますが、頭皮の髪についても同様に大きく影響を受けます。テストステロンは体内で生成される5-a還元酵素と呼ばれる酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンに変換されます。ジヒドロテストステロンはテストステロンとは違った働きを行い、特に頭皮に関しては血液の流れを悪くしてしまったり、また髪の生成を妨げる働きをしてしまいます。これによって男性型脱毛症は起きてしまい、事実上男性である以上は避けることが出来ません。
ジヒドロテストステロンへ変換させる5-a還元酵素は生殖機能を維持するためにも必要な物で、この5-a還元酵素の生成を止めてしまうと生殖機能に関して障害が起こる可能性があります。プロペシアの主成分のフィナステリドは、この5-a還元酵素の生成をいい具合に抑えてくれる医薬品であり、生殖機能を維持しつつも頭皮の状態を良くすることが可能です。これがプロペシアがAGA治療薬として用いられている理由になり、AGAが治療出来る仕組みでもあります。ただしプロペシアは万能薬ではなく、人を選ぶ特長も持っています。つまり相性が悪ければ正しく効果が出ない事になり、場合によっては副作用なども発症してしまうことが知られています。例えば5-a還元酵素をいい具合に抑えることが出来ず、生殖機能に異常が発生する副作用も知られています。プロペシアに合わない方が服用した結果男性不妊になってしまったというケースも多く、服用の際には必ず精密検査などをクリニックでして貰う必要があります。薄毛外来やAGA治療專門クリニックも登場してきているため、検査だけ受けるという事も可能です。AGA治療を行なう予定があるという場合はこういった医薬品に関しても知っておくと良いでしょう。

口コミの高いクリニックに通って髪の毛を生やしましょう。AGAなら名古屋にあるクリニックがオススメとなっていますよ!

AGAを福岡などで治療してくれるクリニックをお探しですか?それなら口コミ情報などが豊富なこちらのサイトへどうぞ。

育毛シャンプーで老けた印象を若々しくしましょう!ボリュームダウンしたヘアーも、見事にアップさせます。

扱い方を知ろう

薄毛

プロペシアは人を選ぶ医薬品としても知られていて、性別すら選びます。女性の方が触れてしまうと胎児に悪影響が発生するという事が知られています。また体質的に合わない方が服用しても副作用が生じてしまいます。

詳しくはコチラ