薄毛

扱い方を知ろう

薄毛

AGA治療をこれから行なうという方はまず始めに治療薬について様々な知識を身に付けておくべきでしょう。例えば内服薬として有名なAGA治療薬にプロペシアがありますが、プロペシアは人を選ぶ医薬品としても知られています。AGAは男性ホルモンによる男性特有の薄毛の症状になります。年齢にして30代から50代の方が一番AGAに悩んでいるとされ、この年代の方はストレスも多いとされています。そのためAGAの進行に更に拍車がかかり、進行速度も早いということが知られています。プロペシアはそんな進行の早いAGAを食い止めることが出来る独特な特長を持った医薬品であり、AGA治療薬として用いられる理由にもなります。副作用が生じるという事を除けばほぼ万能な医薬品でもありますが、この世に万能な医薬品というものはなく勿論プロペシアもこれに該当します。
プロペシアが人を選び副作用が生じるという事を前述しましたがその選び方は範囲が広く、性別も選びます。プロペシアの主成分はフィナステリドで、フィナステリドは生殖機能に関わる酵素の生成を阻害するという特長を持ちます。この阻害によってAGA治療を行うことが出来るわけですが、女性がプロペシアに触れてしまうと胎児の生殖機能に大きな悪影響や副作用を及ぼすという事が知られています。これに関しては様々な研究がされていて、触るだけなら問題ないという意見もあれば、触れるだけで成分が皮膚から染みこんでしまうという意見もあります。ただし胎児が男性であればの話で、女性の胎児であれば悪影響や副作用が出ないということも知られています。ただし一度女性の体にプロペシアの成分が含まれてしまうと妊娠した時の男性胎児に影響が少なからずあるという研究もされています。30代から50代と言えばほとんどの方が家庭を持ち、住まいに女性の方が存在するという状況が発生するでしょう。AGA治療でプロペシアが処方されて治療を行なうという時は、必ずプロペシアの扱い方を考える必要があります。例えばピルケースに詰めて自分以外の方が触れられないように管理するというのは最低限のマナーでもあり、必ず正しい扱い方をするように心がけましょう。