薄毛

正しい服用方法

悩み

プロペシアはAGA治療に用いられる医薬品として有名で、副作用がある医薬品としても知られています。副作用は誰でも発症するという訳ではありませんが、体質的に合わないという方が服用してしまうと重篤な副作用が生じることもあるとされています。プロペシアやミノキシジルなどはAGA治療薬として用いられる一般的な医薬品で、基本的に長期間服用する必要があります。この期間必ず正しく服用することが肝心で、間違って途中で止めてしまったり、また焦って一気に一日分以上の容量を服用してしまうと効果が正しく得られません。クリニックで処方される時は必ず医師によって正しい服用方法というのが伝えられますが、これを忘れてしまう方も多くいます。というのも平均して1年以上服用を続けるという場合がほとんどで、正しく服用するという事を今一度考える必要があります。
まずプロペシアを服用する時は正しい効果が得られるとされている就寝前に服用するのがベストなタイミングとされています。就寝前に服用する理由は髪や頭皮の皮膚が再生するタイミングが眠っている間とされているからで、このタイミングで適切なプロペシア成分を服用することで再生を促していきます。勿論就寝前以外でも問題なく、朝起きて服用するのも可能です。ただし一度服用すると出来るだけ決まった時間に服用を続けたほうがいいとされています。その理由として血中のプロペシア濃度を一定に保つという目的があり、前日に服用したプロペシアと足されて血中濃度が高くなると別の副作用が発生する可能性が考えられています。最初に飲むタイミングを決めて服用を続けるといいでしょう。飲む時に関しても出来るだけ水や白湯で流し込む方がいいとされています。良くないとされる飲み物にはお茶やジュースなどがあり、カテキンが含まれている飲みものに関してはカテキンの影響でプロペシアの効果が打ち消されてしまいます。医薬品なためそのほかにも飲み合わせが良くない飲み物が存在しています。水であれば問題がないため出来るだけ水、白湯を用いる方がいいでしょう。プロペシアの服用時には容量というものがあり、この容量はクリニックで検査を受けて耐えることが出来る容量で処方されます。この容量はいくつか種類があり、外国向けの場合は日本よりも大きな容量が用いられることが一般的です。そのため容量を勝手に変えてしまったりするのは危険でしょう。服用タイミングと同じように、容量が大きくなるとその分血中濃度も高くなってしまいます。プロペシアは元々がAGA治療として開発された医薬品ではなく、前立腺の肥大化を防ぐために開発された医薬品でもあります。ただ頭皮の血流を改善することが出来る良い副作用が見つかったことからAGAに用いられていますが、容量の大きなプロペシアを服用し、高くなった血中濃度に体が対応できなくなると血圧が異常に高くなってしまうことも考えられます。高血圧症になり生命維持が難しくなることも考えられるため、決まった容量を服用することは厳守になります。逆にピルカッターなどでカッティングしてしまうのも容量不足で効果が見られなくなります。